実技と講義両方取り入れる

実技と講義の両方を取り入れる理由

人材育成研修を行う際には、実技と講義の両方を取り入れる必要があります。なぜならば、実技と講義をセットで学ばせることによって受講者が理解しやすくなるためです。それでは、どうして実技と講義の両方を取り入れることで受講者は内容を理解しやすくなるのでしょうか。受講者に業務などを遂行させる為には仕事上における知識が不可欠で、教えなければなりません。加えて、どのようなやり方で仕事を進めるのかを実際に体験させることも大切です。ゆえに、講義によって知識を教えていき、実技においてやり方を一通り体験させることで受講者が業務などを行えるようにします。以上の理由から、人材育成研修をする時には実技と講義の両方を取り入れます。

実技と講義をする時について

実技と講義を通して人材を育成する場合には、それぞれ違うやり方で教える必要があります。実技においては、受講者同士でペアを組ませて仕事の進め方を体験させても良いでしょう。一通りやらせて実際のやり方を体験してもらうと同時に、互いに評価し合って出来具合を確かめさせます。他方で、講義においては受講者全員に対して知識などを教えることが必須です。また、受講者が実際に知識を身に付けたかどうか確かめるためにテストを実施します。このように、実技と講義については異なる方法で教えて人材育成が上手くいくようにします。人材を育成して業務を覚えてもらうと同時に戦力になってもらうためにも、受講者が理解しやすい教え方が重要です。

接客マナーの研修では、経験豊富なマナー講師に言葉遣いや立ち振る舞い、服装などアドバイスを受けることができ、短期間で仕事で必要な技術を習得することが可能です。