仕事に役立つ研修内容にする

研修で覚えることは仕事で役立つものにする

研修で覚える内容はそのまま仕事で役立つものにすると、研修が実戦的になります。全く仕事関係のないことだと、研修が役に立たないこともあります。特に仕事でほしいスキルや知識であれば、研修で覚えて帰ろうと決意をして研修を受けるでしょう。仕事に戻ったらすぐにでも役に立つ内容は現場から情報を吸い上げると分かります。それを研修内容に組み込むのです。また、いい研修にするなら、フォローアップも重要です。教えてそのままだと、忘れてしまう可能性があります。復習する機会を作ることで、覚えた知識を定着させられるのです。これには時間を改めて割く必要はありますが、その価値はあるでしょう。特に覚えきれなかった人にとっては、その研修が効果的です。

実践的な研修内容にすることが大事

研修で学んだことを生かせない人は多いかもしれません。研修で知識は学んだが、自分の仕事には当てはめられない人です。これは本人が悪いわけではなく、研修でそこまで教えなかったこともあるでしょう。そうならないために、実践に合わせた研修することが大事です。例えば、マナー研修であれば、マナーのロールプレイングをします。現場で起きるシチュエーションを想定して、それに合わせた研修にするのです。そのように、実際に起きることをイメージして研修を作ります。それができれば、研修が終わったあとも研修の知識をすぐに活用できるのです。研修はそこまでできて完結です。仕事で使えないのでは、何度研修をしても役に立たず無駄になります。